トップページへ

富山のくすりアラカルト
富山オリジナルブランド医薬品 パナワン

「富山のくすり」の伝統と、産学官の知恵の結晶

富山県では、全国唯一の県立施設「薬事研究所」や「薬用植物指導センター」が設置されており、加えて富山大学には世界各国の伝統医薬に関する資料が集積されている「和漢医薬学総合研究所」が存在するなど、産学官連携による共同研究・開発体制の充実が図られています。

富山県の薬業関係行政機構及び教育・研究機関の体系図
滋養強壮保健薬「パナワン」

その一つのカタチが、富山県と県内製薬団体等の寄付で運営する富山大学和漢医薬学総合研究所内の寄附講座「和漢薬製剤開発研究部門」。

「富山オリジナルブランド医薬品」の開発研究に取り組み、平成18年1月には第1号の滋養強壮保健薬「パナワン」が誕生しました。「パナワン」は薬用ニンジンを基本に11の動植物生薬を配合し、「富山のくすり」ならではの「丸剤」タイプで仕上げた新しいタイプの保健薬。

平成23年には、第2号の健胃整腸薬「エッセン」の販売が開始されています。これは、サンザシやウバイなど6種の生薬で構成され、高齢者の服用しやすさに配慮してチュアブル錠を採用しています。


和漢生薬配合「エッセン」

エッセンの概要
●商品の特長

  • 加齢や胃腸の働きの低下などで食欲不振の方に
  • 消化機能を高め、食欲を増進する健胃整腸薬
  • 唾液の分泌を促進する生薬配合
  • 腸管運動を活発にし、便秘を改善
  • 漢方処方の大建中湯+「サンザシ」・「ウバイ」の処方設計
  • 錠剤がのみづらい方にも服用しやすい、水なしで服用できる「チュアブル錠」

●健康長寿の秘訣は、「食を楽しむこと」
「エッセン」は、超高齢化社会に突入したわが国において、加齢による生理的な要因や慢性疾患などで充分な食生活を過ごせず、栄養不良になって、さらに免疫力の低下や身体の衰弱を招くという悪循環に陥る高齢者が増加傾向にある中、長く健やかで、自立した生活を送るには「食を楽しむこと」が大切というコンセプトに基づいて開発されたものです。