トップページへ

富山のくすりアラカルト
くすりと健康 セルフケアサポーター

Vol.1 ウエストが、きつくありませんか?

〜軽い症状でも累積で「レッドカード」!〜
メタボリック・シンドローム

主要都道府県別医薬品生産金額

今まで楽にはけたズボンやスカートが急にきつくなったり、ベルトの穴を一つずらして緩くしないと締められない…といった覚えはありませんか? そんなお腹周りが気になる人に、知っておいてほしいのが「メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)」です。

食生活の乱れや運動不足、飲酒・喫煙、睡眠不足、ストレスなど、日頃の生活習慣に起因して発症してしまう「生活習慣病」対策の大切さが広く認知されるようになりましたが、そのうち糖尿病や高血圧症、脂質異常などはそれぞれの病気・症状が別々に進行するのではなく、内臓脂肪が過剰にたまっている状態になると、併発しやすくなるとされています。

○内臓脂肪型肥満ウエスト周囲径 男性≧85p 女性≧90p
(内臓脂肪面積 男女とも≧100cm²に相当)
上記に加え以下のうち2項目以上
○血糖値空腹時血糖値 ≧110mg/dl
○血圧収縮期血圧 ≧130mmHg かつ・または
拡張期血圧 ≧ 85mmHg
○脂質中性脂肪値 ≧150mg/dl
=高トリグリセリド血症 かつ・または
HDLコレステロール < 40mg/dl
=低HDLコレステロール血症

そこで内臓脂肪型肥満の傾向が見られる人で、(1)血糖値、(2)血圧、(3)血中脂質・コレステロール値の異常―のうちいずれか2つ以上が該当する場合、メタボリック・シンドロームの診断が下されます。

しかも、「空腹時血糖値が少し高め」「血圧がちょっと高い」など、糖尿病や高血圧症、高脂血症の一歩手前の段階でも、内臓脂肪型肥満をベースにいくつも重なり合うことで動脈硬化を進行させ、やがて心臓病や脳卒中、脳梗塞といった重篤な疾病を招くことになるのです。

メタボリック・シンドロームの診断基準は右の通りです。

メタボリック・シンドロームによる病気発症は、危険因子の数が多くなるほど危険度は高まります。
例えば心臓病の場合、危険因子がない人の危険度を1とすると、危険因子が1個の場合は5.1倍、2個の場合は5.8倍、3〜4個持っている場合では危険度は急激に上昇し、35.8倍にもなります。
その危険度を下げるには、まず内臓脂肪型肥満の解消が大切。内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、たまりやすく減りやすいという特徴があります。
たまる原因となる「食べ過ぎ」や「運動不足」などの不健康な生活習慣を改善することで減らせます。

1に「運動習慣の徹底」、2に「食生活の改善」、そして動脈硬化を進める危険因子となる喫煙習慣を止めることがメタボリック・シンドロームの予防・改善に欠かせません。